理念・沿革 HISTORY

  1. ホーム
  2. 理念・沿革

GREETING ご挨拶

取締役社長 熊本 辰視

オクジューの仕事は、天井、壁などの施工を通じての空間づくりです。
軽量鉄骨の草分けであるオクジューは、これまで、国会議事堂・官公庁庁舎・歴史的建造物・港・駅・ホテル・銀行・百貨店・病院・社屋・体育館・ホール・大型複合ビル等々全国の有名無名を問わず数多くの建築物の内外装の製作・施工を手がけてきております。

その根底にある共通理念は、安全と環境を重視した“快適な生活空間づくり”であり、人と環境と自然が美しく調和する空間を創造し、安全なまちづくりを通じて、人間への愛情及び社会への貢献を果たしたいという思いです。

それを支えるのが、1922年(大正11年)の創業以来の歴史と伝統に裏打ちされた確かな技術と開発力であり、大手ゼネコン、設計事務所をはじめとして建築界の各方面から大きな信頼を寄せて頂いております。

オクジューは、品質、安全に加えて安心を与える品格ある総合内外装企業として、今後とも「信用第一」の社訓のもと、“夢空間づくりのパイオニア”として、更なる技術の開発と常に前進するチャレンジ精神を持ち続ける力強い企業でありたいと考えています。

日本経済新聞社『私の道しるべ』インタビュー


CORPORATE PHILOSOPHY 企業・経営理念

基本方針

信用第一、弛まざる技術の向上、企業倫理の徹底

経営ビジョン

安全で快適な生活空間づくり
人と環境と自然が美しく調和する空間を創造し、安全なまちづくりに寄与し、広く社会の要請に応える。

目指す企業像

品格ある総合内外装企業
・品質だけでなく「任せれば安心」と言われる安全で安定感のある施工を行う内外装総合建設業
・安全と環境を重視した建設材料の企画開発製造業

経営理念

Smile & Dream
パイオニア精神を常に認識しつつ、技術のオクジューに邁進していきます。
人が働き、住まい、遊び、憩う様々な生活活動において、どのような空間に身を置くかは大変重要です。
オクジューは、人が体全体で心の底から心地よく過ごせ、笑顔を忘れずに夢を追い続けられる空間を創造していきます。 オクジューは、業務遂行に際しては、期待される信頼に応え、信用を蓄積すべく、会社・現場及び社会のルールを守り、品質・安全・環境に配慮することを怠りません。


HISTORY 沿革

大正11年 創業開始(10月1日)
大正13年 国産第一号のリブラス製造販売
大正15年 軽量鉄骨天井・間仕切工事の設計・施工体制の確立
昭和2年 “世界初”軽量下地材(スタッド)の冷間ロールホーミング生産開始
昭和11年 合資会社奥村重兵衞商店設立
昭和27年 株式会社奥村重兵衞商店に組織変更
昭和30年 乾式工法ボード下地材(N-SS型)の発売
昭和37年 福岡営業所(現九州支店)開設
昭和38年 東京営業所(現東京本社)開設
昭和42年 名古屋事務所(現名古屋営業所)開設
昭和45年 簡易間仕切壁の先駆けとなるNOTTS WALL発売
昭和46年 システム天井の発売以後、日本全国に広まる
昭和56年 鋼製下地材JIS工場の許可取得
昭和59年 宮崎営業所(現南九州営業所)開設
昭和61年 施工法の認識を変える“大規模天井無足場工法”開発
平成3年 株式会社オクジューに社名変更
平成6年 他社に先駆け現場内の無溶接工法「NWD工法」を推進させる
平成7年 光天井新工法“キャンバス天井”発売
平成11年 ノンスタッド高遮音耐火壁“パワーリブ21(TM)”発売
平成12年 住宅用内装天井下地システムの発売
平成13年 システム天井ALTs工法「ステップシステム」発売
平成14年 中国上海に事務所開設
平成15年 タワーウォールP-125発売
平成17年 スチール製ルーバー「MBルーバー」の発売、耐震天井下地開発
平成21年 LED照明ユニット(6-GLED)発売
平成22年 ガスバリアコート剤(NANOVコート)発売、壁面緑化開発
平成26年 耐震天井下地 OSシーリング / 防振耐震天井下地 OTO-LESS(オトレス)の開発
以上の他、金属パネル内外装の設計・施工、耐火・遮音壁の製品開発、天井点検口、スパンドレル、ル-バ-、防煙垂壁等の発売を経て現在に至る。
PAGE TOP