かけっこ

かけっこ

  • 材質: ステンレス(SUS 304) t=0.8mm
  • 最大荷重:
    (破壊値)
    1,290N/個 (131.5kg/個)
    最大荷重の1/5以下を目安に使用してください。
    最大荷重は試験値(破壊値)であり、保証値ではありません。
    タイル仕様:JIS A 5209(Ⅰ類 磁器質)準拠品での試験値です。
    タイルの材質により強度が変わることがあります。
  • 仕様: タイルへの取付作業は工場にて行ってください。
      300角~450角:タイル1枚に1箇所
      450角~600角:タイル1枚に2箇所
    材質、板厚、特殊形状等、ご要望に応じて製作いたします。

特長

1) 地震や振動によるタイルの剥落防止対策として有効です。
2) 素材はステンレス(SUS304)を採用。耐薬品・耐食性に優れています。
3) 現地での取付はセルフドリリングビス留めで、作業性に優れます。

寸法図


寸法図

詳細図

(例:450角~600角の場合)
詳細図
500個/ケース
付属品: SUS M4×40
セルフドリリングビス
(ボード厚:最大20mmまで取付可能)

取付手順

工場作業
1 タイル裏面への「かけっこ」取付
・タイル裏面上部に300~450角:1個、450~600角:2個の「かけっこ」を取付ける。
 1: タイル裏面に、「かけっこ」取付用スリット(角度45度、深さ6㎜程度)をハンドカッターで切り欠く。
1-1
 2: エポキシボンド(コニシ㈱ボンドクイックメンダー等)を取付用スリットに充填する。
1-2
 3: 「かけっこ」を取付用スリットに差し込み、養生テープで仮留めする。
1-3
 4: エポキシボンド硬化の後、養生テープをはがし梱包する。
1-4
現場作業
2 取付面検査
・下地プレートがタイルの横目地部に取付けられていることを確認する。
・タイル貼付面(ケイカル板)に不具合がないか確認する。
3 墨出し
・タイル割付に基づき、基準墨より水平、垂直の墨出しを行う。
4 タイル裏面への接着剤塗布
・タイル裏面に所定の弾性接着剤を塗布する。
5 タイル貼り付け
・タイルに塗布した弾性接着剤を馴染ませるように押し付けて、平滑に貼りつけた後、あらかじめ取付けてある「かけっこ」を付属のセルフドリリングビスを使用し、下地プレートに留めつける。
5-1
6 目地詰め
・タイル貼付後24時間以上経過し、弾性接着剤が適度に硬化した時期に行う。