R-125 Tower Wall

P-125 TowerWall

従来吹抜けや工場等の高い壁を施工する場合、鉄骨や角パイプ等で骨組みをする必要がありましたが、TowerWallは今までのJIS材より高い強度を持つ部材 「P-125」を採用する事により、軽鉄部材単独でH=10mまでの自立壁を可能にしました。

特長

1) 今まで補強材を使用しないと施工出来なかった10mの間仕切を、軽鉄材単独で可能にしました。
2) 従来の工法と同様に施工出来ますので、工数を大幅に削減でき、映画館・劇場・スーパー・工場等、2階層吹抜けの場所で威力を発揮します。
3) 胴縁材の強度アップにより、胴縁ピッチを従来の@1200から@1800としていますが、より強固な間仕切壁になっています。
4) JIS規格の100巾スタッドに比べ、断面性能が30%以上アップし、たわみも大幅に減少します。
5) 壁自体の補強材(H鋼、角パイプ等)が不要な為、壁自体の軽量化が計れ、尚且つ大幅なコストダウンになります。
構成図1 構成図2

壁性能

■ 面外圧強度試験壁性能
(財)ベターリビングの「内装システム性能実験方法、分布圧強さ試験」に準じ、
上図の様に水平荷重1800Nを加える。
■測定結果
(両面石膏ボード 12.5mm + 9.5mm張)

荷重 N 測定位置
下端より H=1.35mのたわみ(mm)
0 0
250 0.61
500 1.45
1000 3.20
1500 5.07
1800 6.25
2400 8.57
3000 10.97

パーツリスト

パーツリスト

施工手順

施工手順
1) 上部ランナー<Pランナー125T>、下部ランナー<Pランナー125U>を打込鋲又は、アンカー等で取付ける。ランナーは、検討された所定の取付ピッチに合わせて固定する。
2) スタッドの胴縁穴を引起し、PMクリップ125を下部より@600で取付け、下端部より1200以後@900で取付け、所定の割付にてP-125を建て込む。。
3) 下端部より1200、以後@1800で胴縁N-38を取付ける。
4) PMクリップ125を胴縁N-38にかち込ませる。。
5) 石膏ボードは周辺部、中間部共、ビスピッチ@200にて留め付ける。

ご使用上の注意

最大壁高さは10m以下となります。
状況に応じ、補強材が必要な場合があります。また、開口補強は□-125を使用し、スラブ間で施工して下さい。
仕上部材、壁高さ等によりスタッドピッチ等の仕様が異なりますので、弊社担当者に事前にご相談下さい。
数量、寸法等の条件により、納期のかかるおそれがありますのでお早めにお問い合わせ下さい。
製品改良などのため、予告なく各種仕様を変更する場合がございます。