NWD工法

※環境問題においても、オクジュ-は積極的に取り組んでいます。

鋼製下地材薄板の溶接は、部材に穴があいたり錆やすくなる為、十分な強度が得られず、又、化学製品による建築資材が増加する建築現場においては、溶接による火災や有毒ガス発生などの危険性も増しています。
部材の強度安定性を保持し、地震等での安全性を確保するとともに、作業環境の安全性も高める為、オクジューでは、溶接を必要としない画期的な工法”NWD工法”を開発しました。

無溶接施工「NWD工法」の特長

1) 不安定な薄板材の溶接より、安定した強度が得られるので地震等でも安全です。
2) 無溶接施工なので、火災の心配がありません。
3) 有毒ガスの発生や感電事故など、作業環境の改善に役立てます。
4) 諸使用許可が不要です。
5) 使用電力の低減がはかれます。
6) 錆止処理が不要で、その部分の強度が落ちません。
7) ガラス・床面などの養生が不要になり、スマートな作業ができます。
8) メンテナンス時の部材回収率が良好です。
9) 鋼製下地の美観が損なわれません。
10) 作業場からキャプタイヤーがなくなり、足元が安全です。

メーカーとしてのメリットを生かして、作業現場での切断・加工も最小限に抑えます。
「NWD工法」は、オクジューがメーカーとして、製造から施工まで、一貫して責任施工で行いますので、各部材も、製作所において切断・加工し、作業現場内での切断を 最小限にとどめる努力も進めております。


■ 特許・実用新案出願  10件 申請中
■ 意匠登録  15件 申請中