沿革

大正11年 創業開始(10月1日)
大正13年 国産第一号のリブラス製造販売
大正15年 軽量鉄骨天井・間仕切工事の設計・施工体制の確立
昭和2年 “世界初”軽量下地材(スタッド)の冷間ロールホーミング生産開始
昭和11年 合資会社奥村重兵衞商店設立
昭和27年 株式会社奥村重兵衞商店に組織変更
昭和30年 乾式工法ボード下地材(N-SS型)の発売
昭和37年 福岡営業所(現九州支店)開設
昭和38年 東京営業所(現東京本社)開設
昭和42年 名古屋事務所(現名古屋営業所)開設
昭和45年 簡易間仕切壁の先駆けとなるNOTTS WALL発売
昭和46年 システム天井の発売 以後、日本全国に広まる
昭和56年 鋼製下地材JIS工場の許可取得
昭和59年 宮崎営業所(現南九州営業所)開設
昭和61年 施工法の認識を変える“大規模天井無足場工法”開発
平成3年 株式会社オクジューに社名変更
平成6年 他社に先駆け現場内の無溶接工法<NWD工法>を推進させる
平成7年 光天井新工法“キャンバス天井”発売
平成11年 ノンスタッド高遮音耐火壁“パワーリブ21(TM)”発売
平成12年 住宅用内装天井下地システムの発売
平成13年 システム天井ALTs工法「ステップシステム」発売
平成14年 中国上海に事務所開設
平成15年 タワーウォールP-125発売
平成17年 スチール製ルーバー“MBルーバー”の発売、耐震天井下地開発
平成21年 LED照明ユニット(6-GLED)発売
平成22年 ガスバリアコート剤(NANOVコート)発売、壁面緑化開発
平成26年 耐震天井下地 OSシーリング / 防振耐震天井下地 OTO-LESS(オトレス)の開発
※ 以上の他、金属パネル内外装の設計・施工、耐火・遮音壁の製品開発、天井点検口、スパンドレル、ル-バ-、防煙垂壁等の発売を経て現在に至る。